腸活サプリ「発酵マメ子」の効果は?実際に2週間ガチテスト【便秘さん必読】

腸活サプリ「発酵マメ子」の効果は?実際に2週間ガチテスト【便秘さん必読】

便秘に悩む人にとって、「腸活」や「腸内環境」「腸内フローラ」などの言葉はもう常識!
スーパーやコンビニに行けば、さまざまな腸活ヨーグルトやドリンク類が並んでいます。

でも、「腸にいいものを摂ってるけど、手ごたえをイマイチ感じない」「結局、腸活って何すればいいの?」と思う人も多いのでは。

そこで今回は、腸活サプリのひとつ「発酵マメ子」を取りあげながら、

今すぐチェック!
【彼がメンズコスメをもらって喜ぶ度】

 

✅ 仕事でもっと成功したいと思っている
✅ 実は「まだ女性にモテたい」と思っている
✅ 人とよく合う
✅ 清潔感を気にしている
✅ 鏡をよく見る
✅ 「最近年かもなぁ」と年齢のことを言う
✅ 「俺、疲れてそうに見える?」など人からの見た目を気にする
✅ 「肌がカサカサする」「部屋乾いてない?」など、乾燥について話す
✅ リップクリームくらいなら抵抗感なく使う
✅ マッサージ店や整体に行くのが割と好き

などを深堀りします。

さらに、「発酵マメ子」を2週間本気で試した結果も公開するので、お楽しみに!

「腸活」とは?

腸活

腸が整うと何がいい?

2015年ごろから「腸活」という言葉が浸透してきました。

「腸活」とは、腸の中の環境を整えることです。

腸活には多くのメリットがありますが、代表的なものをここで挙げてみます。

メリット1:老廃物が出やすくなる

腸が元気になると、ぜん動運動などの働きが活発になるので、体の老廃物が出やすくなります。便秘は体に必要ないものをためている状態なので、これが続くと肌にも影響が出てきますよね。

メリット2:免疫力が上がる

腸の内壁には、体の免疫細胞の約7割が集まっています。これは、体に入ったウイルスなどの異物を退治するため。腸内が元気になれば、免疫細胞も当然元気になるので、免疫力が向上します。

メリット3:自律神経を意識した生活ができる

腸の働きは、自律神経 (交感神経と副交感神経)が司っています。「最近なぜか不調が続く」「眠りが浅い」などの自覚がある人は、自律神経が乱れているのかもしれません。自律神経のバランスが悪いと、腸活サプリやドリンクをいくら飲んでも、腸の元気を実感することは難しいでしょう。腸活を始めることは、自律神経のバランスを意識した生活につながります。

必読!腸活するなら「やめるべき」リスト

腸を元気にしたいなら、いいといわれるサプリや食品を摂るだけではNG。

普段の生活が乱れているなら、やめられるものがないかチェックしてみましょう。

1.夜更かしをやめる

腸のぜん動運動は、副交感神経が優位なときに活発になることが知られています。つまり体を休めてリラックスする、睡眠がとても大事なのです。寝不足の人はまず、自分の1日のサイクルを見直して、改善できるところがないかチェックして。

2.肉ばかりの食事をやめる

食物繊維が不足すると、きれいな便がつくりにくくなります。 「普段の食事は肉が多くて、野菜や穀物は足りないかも…」という人は要注意。 善玉菌のエサとなる食物繊維を日ごろから摂るようにしましょう。

3.動かない生活をやめる

デスクワーク中心の人は運動不足になりやすいもの。特に、「都会で働いていて、すぐにエスカレーターやエレベーターを使って、移動はタクシー」という人、危険です!運動不足は、血行不良や冷え、自律神経の乱れなど、さまざまな不調を招きますし、腸もうまく働かなくなります。

4.飲まない習慣をやめる

よく寝ている、食事も問題ない、適度に動いている、なのに便秘…という人は、「水分不足」かもしれません。便をつくるためには、水分も大切な材料です。実は私も、産後の授乳期に便秘になりましたが、水分を多く摂ることで解消しました。自分では意外と水分不足に気付かないもの。フローラプラスによると、「1日に摂取すべき水分量の目安は40cc×体重(kg)」です。

5.寝る前のスマホをやめる

ベッドに入ってから、さてスマホ…という人、そのせいでうまく睡眠に入れていない可能性があります。スマホを見ている時間は、目や脳がフル回転。交感神経が優位に働き、睡眠に必要な副交感神経への切り替えがしにくくなってしまいます。寝るときの環境を整えることも、実は腸活の一環です。

Advertisement

「発酵マメ子」発表会に行ってきました

発酵マメ子 30粒 ¥2709(税抜) オンラインにて発売中

キー成分は「乳酸菌生産物質( バイオジェニックス)」

11月13日、フローラプラスが発売する「発酵マメ子」の発表会が表参道で開かれました。

「発酵マメ子」は、517種類の成分が入ったサプリメント。
ポイントは、「乳酸菌生産物質(バイオジェニックス)」が配合されているところです。

よくある腸活サプリや食品類は、腸にいる「善玉菌」と、それを増やすための「善玉菌のエサ」であることが多いです。
こういったアイテムは、善玉菌とそのエサを体に入れることで、善玉菌の自然発酵をうながし、腸を元気にするのが目的です。
ところが、実際は発酵しないまま胃酸で死んでしまう菌や、体調によっては発酵自体が難しいケースもあるそう。

一方、「発酵マメ子」のキー成分は「乳酸菌生産物質」
これは、国産の有機大豆と21種・21株の乳酸菌、そしてビフィズス菌を発酵させた、『PS-B1』という特許成分です。

本来なら、腸内の善玉菌がうまく働いてやっとつくられる物質が、あらかじめこのサプリ1粒に入っているというわけ。
このため、 有効成分を腸内フローラを通さず、腸自体にダイレクトに届けられると考えられます。

進化形の腸活「トリプル・シンバイオティクス®

ここで一度、腸活食品の成分を整理してみます。

発酵マメ子 乳酸菌生産物質 バイオジェニックス  プロバイオティクス  プレバイオティクス トリプル・シンバイオティクス

「善玉菌」は、たとえば乳酸菌やビフィズス菌、納豆菌やヨーグルト、乳酸菌飲料などのことで、 「プロバイオティクス」ともいいます。

「善玉菌のエサ」は、オリゴ糖や食物繊維などを指し、「プレバイオティクス」ともいいます。

このふたつは、どちらも腸内フローラに働きかけるものです。

そして「乳酸菌生産物質」は、乳酸菌体ペプチドや乳酸菌生産生理活性ペプチド、DHA、ビタミンA、C、Eなどのことで、「バイオジェニックス 」ともいいます。

これは、腸内フローラではなく腸に直接作用します。

発酵マメ子 フローラプラス トリプル・シンバイオティクス
発酵マメ子 発表会スライド

「発酵マメ子」は、乳酸菌生産物質(バイオジェニックス)に加え、21種・21株のビフィズス菌、乳酸菌(プロバイオティクス)、発酵させた大豆オリゴ糖、食物繊維( プレバイオティクス)も配合。
この3つのバイオの融合を「トリプル・シンバイオティクス®」と名付けました。

3つの機能を兼ね備えた原料は、業界初とのこと。トリプルパワーで、快適な腸の状態へ導きます。

味は、ほんのり甘いヨーグルト風味

フローラプラス 発酵マメ子

「発酵マメ子」、実際に現品を試してみました。

フローラプラス 発酵マメ子
発酵マメ子は30粒入り。 ひと粒の直径は15mmほど。
フローラプラス 発酵マメ子

袋を開けると、タブレット粒が30個入っています。

何か見たことあるような、そして嗅いだことのあるほのかな香り…と思いながら口に入れると、 おだやかなヨーグルト味、ほんのりとやわらかな甘さ。

口の中で転がしていると、ラムネのようにだんだん溶けていきます。
噛まずになめていると、溶けるまで意外と時間かかるので、小腹がすいた時にもいいかも!

Advertisement

「発酵マメ子」に質問してみました

袋裏面に書いてある摂取法は「1日ひと粒を目安に口の中で溶かす」というだけ。

「口にするタイミングはいつがいい?」「水と一緒に飲んだほうがいい?」など、いろいろ疑問がわいてきたので、伺ってきました。

Q.いつ飲むといい?

→いつでもいいそうです。腸はいつでも動いているので、「このタイミングがベスト」というのは特にないそう。

Q.水と一緒がいい?

水なしで摂取できるようチュアブル(なめて溶かす)タイプにしているので、飲み物はあってもなくてもよいそう。

Q.1度に多く摂るほど効果的?

そういった治験はないそう。ただ、2粒以上摂っても体に害はありません。

Q.食物アレルギーがあるとNG?

大豆を使っているので、大豆アレルギーのある人は食べられません。

Q.口臭が予防できるってホント?

さて、ここでもうひとつ、意外?なエピソードが。

「発酵マメ子」のキー成分・乳酸菌生産物質(PS-B1)には、開発段階で口臭予防効果もあることがわかったそう。
PS-B1を含むうがい剤を使用すると、口臭の元になる成分が口の中から減ったというのです。

「じゃ、マメ子は噛まずに長時間ゆっくりなめたほうがいい?」と聞いてみたところ、上記はうがい剤での実験結果なので、1分くらいを目安に口にするといいのでは、というお話でした。

また、「発酵マメ子」が使っている甘味料は、砂糖ではなくキシリトールとステビア。

2つとも砂糖より虫歯になりにくい甘味料で、オーラルケアが気になるアラフォー世代には、うれしいポイントです!

2週間「発酵マメ子」を試した結果発表!

では、「発酵マメ子」は実際に効果があるんでしょうか。

PRのYUKIさんは「3日めくらいから効果を感じました」とのこと。
40代・やや便秘気味(2~3日に1回程度)の私も、発表会当日から早速試してみました。

すると、3日めの朝、食事後30分以内に便意が。

ここ数年、「朝」の時間に便意がくることはまずなかったので、びっくりしながらトイレに行くと……出ました!

しかも、つるんとすっきり。いい形です!自分でもびっくりしました。

それから2週間欠かさず「発酵マメ子」を摂り、さらにその後2週間は摂る日/摂らない日をつくってみました。

その結果がこちら!

●「マメ子」を欠かさず摂った2週間――10日/14日排便あり

●「マメ子」をランダムに摂った2週間――摂った翌日は排便あり。摂らない翌日は排便なし

でした。

2週欠かさず「マメ子」を摂ったときは、打率約7割なので、結構いい結果ですよね。
私の体と「発酵マメ子」は今のところ、相性がいいみたいです。

腸を元気にするには、腸活サプリや食品を摂ればいいだけではないことがわかりますね。

腸活の世界は奥深いですが、この記事では「発酵マメ子」や、今日からできるさまざまな腸活アイデアをご紹介しました。

まずはできそうなものからトライして、きれいで元気な腸を目指して!

問い合わせ:フローラプラス
フローラプラス公式サイト

肌と体カテゴリの最新記事