40代悩み相談室

【40代】間違いメイクを卒業!きれいな顔をつくる基本コスメ3品

きちんとメイクしているのに、「疲れてる?」などと聞かれるとショックですよね。

実は、「バッチリメイクしすぎ」でかえって顔色が悪くみえる40代が急増中!

この記事ではアラフォー&アラフィフ女子もいきいきと見える、「幸せ顔」に欠かせないメイクアイテム3品をご紹介します。

【クリームハイライター】肌の美ツヤが復活!

Photo by Linh Ha on Unsplash

「あの人の肌、若い!」と思わせるには、光沢感が必要です。

肌のキメが弱って、ハリがない…そんな自覚が出てきた40代のマストアイテムは、ハイライト。

日頃から肌の乾燥を感じているなら、クリームタイプのハイライトがいいでしょう。

しっとりとしたテクスチャーで、部分的な乾燥もしっかり保湿してくれますよ。

目周りのCゾーンに入れれば、しっとりと綺麗な肌ツヤの完成です。

【リップライナー】そのひと手間がハッピー顔をつくる

Photo by Cesar La Rosa on Unsplash

幸福そうな顔に必要なのは、ズバリ「微笑み」です。

ところが、加齢によって肌にたるみが出てくると、口角も下がりがちになります。

そこでおすすめは、リップライナー。

リップメイクの前に、下唇の口角を2㎜程オーバーに上に描いてみて。

それだけで、自然に微笑んでいるような印象に!

また、リップライナーは口紅のにじみも防ぎます。

ラインをきちんととるだけで、こんなメリットも。

まず1本買うなら、ピンクベージュ系の色がいいでしょう。

口元をふわっとフェミニンに仕上げてくれますよ。

【リキッドチーク】幸せがにじみ出るのは、頬からです!

メイクするときは目もと、口もとに時間をかけて、最後にチークをパパっと入れて…としていませんか?

でも、幸せな雰囲気を生み出すのは頬から。

つまり「チーク」が超重要なんです!

なぜかというと、チークゾーンは目や口と違い、ふんわりと曖昧だから。

この曖昧さが、幸せな空気感をオーラのようにつくりだすんです。

40代、50代のメイクには、リキッドチークを下地として使う「仕込ませチーク」がおすすめ。

リキッドチークはクリームチークよりも粘度が低く、さらっとしています。

この上にパウダーチークを重ねると、メイクが崩れにくくなり、自然な血色を長時間キープ。

肌の内側から生まれたような、ヘルシーで幸せオーラ満載の印象を演出できます。

こちらの記事も合わせて、自分にベストなリキッドチークを選びましょう。

40代のチークはリキッドを使うべき!おすすめはこの3つ

チークには、パウダーにリキッド、クリームなどの種類があります。 一般的なのはパウダーチークですが、ずばり断言。40代におすすめは、ほどほどの保湿効果&ツヤ感がある、リキッドチークです!

【結論】40代メイクは「上品さ」と「手をかけた感」!

40代のメイクに欠かせないのは、「上品さ」と「きちんと手をかけた感」。

今回紹介した3つのアイテムを使えば、アラフォー女子でも簡単に、きれいで幸せに満たされた顔になれますよ。

まずは手持ちのアイテムで、使わないまま放置したものがないか、見直してみて。

3つのうちひとつでも見つかったら、今日のメイクからトライ!

いつもよりきれいな自分の顔に出会えるはずです。

ABOUT ME
ヤマザキイズミ
ヤマザキイズミ
1984年生まれのミドルサーティ世代。大手化粧品・消費財メーカー数社で10年間、商品企画開発・マーケティングとして活躍。化粧品の裏事情を知っているからこその独自の視点で商品情報をお届け。「趣味はメイク、特技もメイク」という程のメイク通。3か国語を話すグローバルなハーフ。インスタで夜22時から美容ライブ配信中。https://www.instagram.com/salon.mesela/